現在ライブドアブログより移行作業中です。

夢幻の心臓Ⅱはじめました 第12鼓動【プレイ日記】

この記事は、2011年8月6日に初投稿されたものです。

≫ ENTER

いらっしゃいませ!

※X1版「夢幻の心臓II」のプレイ日記です。
※ネタバレを多少含みます。閲覧には注意してください。

前回のプレイ記事はこちらです。

本記事を読み進める前に…

本記事を読み進める前に、以下の点についてご了承願います。

  • 当ブログで掲載している画像の、著作権または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。もし掲載に問題等御座いましたらご連絡下さい。迅速に対応を取らせて頂きます。
  • 筆者は本作品において、100%の知識と十分なプレイ経験を持っているとは限りません。誤りがある部分については、コメントにて優しくご指摘よろしくお願いします。
  • 記事に書かれている内容についてはあくまで投稿時の状況や筆者の認識であり、現在の状況や筆者の認識と必ずしも同じではない場合があります。ご了承ください。

第12鼓動 動き回る塔!?

さて前回新たに「マーマャ」というキャラを仲間にしましたが、その理由についてです。

まず私が前情報として仕入れていたものに、このゲームには一時的に「操船」技能を持ったキャラが必要になる。というものがありました。

操船技能は後付け出来ない技能なので最初から持っている人(船乗りかバイキング)を探さないといけません。
そのうちの一人がマーマャ(船乗り)でした。

さらにどこかの場所には「魔法が使えない」洞窟があり、さらにその中には重要な宝がいくつかある為、「鍵」で宝箱を開けられる「幸運」持ちのキャラが必要になるんです(体力勝負で開ける事も出来ますけどね)。

この2条件を満たすために、バイキング(操船+幸運)を仲間にするか、船乗り(操船のみ)を育てて「幸運」技能をつけるのが良いと思いました。

バイキング(操船+幸運)の「イシュト」を雇って育ててもいいのですが有料の仲間なので、無料のマーマャを育てて幸運をつける事にしました。

さてとある方から、いまのレベルと装備状況を知りたいと言うお話がありましたので、ここで載せておきます。

まず主人公ですが、LV19の勇者(英雄+戦士)で、カタナと重甲冑。
次にユーギン、LV18の剣士(戦闘+戦闘)で、同じくカタナと重甲冑。
シルヴィア、LV17の召霊術師(言霊+魔法)で、魔法の剣と力の帯。
テランナ、LV18の僧侶(神聖+神聖)で、鎚矛と精霊の守り。
最後にマーマャ、LV12のバイキング(操船+幸運)で、魔法の剣と力の帯。

こんな感じです。

まだ入ったばかりなのでマーマャはレベルも低いですが、戦力としてはそれ程期待していないし、即死しない程度のHPがあればOKなので、レベル上げはこのくらいにして新たな目的地へ向かおうと思います。

説明していると長くなるので過程はバッサリ割愛しますが(おいw)、次に向かうのはエルフの世界のどこかにある「彷徨える塔」という場所です。

なんとこの塔は、まるで生き物のようにこのエルフの世界を動き回っているというファンタジーなRPGでもなかなか
お目にかかれない不思議な塔なのです。

常に動いているので今どこにいるのかも解りません、さらに塔が動き回っているのは視界の利かない森の中なので、普通にやっていたら見つけることなんてできないんですよね。

じゃあどうするか、ある方法で入手(奪い取った?)「シーのコンパス」というアイテムが役に立ちます。

これを使用すると、塔のいる方角を島してくれるのでそちらに向かえば塔に出会える…はず。
(塔も常に動いているので、マメに方向を確認しないと駄目)

コンパス使っても周りが森だから何にも見えないYO!とお嘆きのあなた!

そんなあなたに朗報です。

街の道具屋で買える「エルフのメガネ」というアイテムを使用すると…、なんとこのように一気に視界が開けるのです。これで今まで邪魔だったモザイクもスッキリ!ってそういうメガネじゃねえよw
(ちなみにこのメガネの効果は建物に入るまで有効)

あ!!

≫NEXT

≫EXIT

お疲れ様でした!

今回の記事はどうだったかの?何か感じた事があればどんなことでもコメントに残してくだされ。それと当ブログは以下のブログランキングに参加しておる。クリックして貰えるとわしの「やる気」がめちゃアップするぞい!

いつもバナークリックや拍手していただいて、誠にありがとうございます!

↓↓↓バナーをクリック!↓↓↓
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

4

コメント

  1. とある方 より:

    レベルと装備状況ありがとうございます!
    職業のシステムがよくできてるゲームですね。
    バイキング(操船+幸運)とかなんかいいなぁ
    夢幻の心臓2もですが、過去記事も少しずつ読ませて頂いてます!

  2. ソンゴスキー@れとろげ より:

    おお、こちらにも来ていただいてありがとうございます!
    すいません、向こうでだったらコメントが残ってるので名前を出してもいいかなと思ったのですが、こちらに引越したばかりの状態だとちょっと適切でないかなと思い濁しましたw
    技能と技能を組み合わせて転職、っていうシステムは斬新だったと思います。
    ただ転職の条件が解りにくかったり、マニュアルに書いてるのに実装されていない組み合わせっぽいのがあったりと、ちょっと雑な部分はあります。
    古い記事のほうにでも全然構いませんので、ばしばしコメントいただけると私が喜びます~。

  3. さたろう より:

    あまりにも古いゲームには詳しくないのですが、昔のゲームは作りが雑なところや不親切なところが多かったですよね!
    そこが逆に想像力をかきたてられて面白かったり、ただ単にイライラさせられたりは紙一重だった様に思います。
    あっち読ませて頂いたり、こっちだったりふらふらしていますが今後とも宜しくお願いします。

  4. ソンゴスキー@れとろげ より:

    そうですね、なんだかんだ言ってもこの雑さと不親切さにイラっとする事はありますよねw
    でもその雑さと不親切さを楽しめない人には、レトロゲームは合わないんじゃないかと思います。
    古いゲームもバンバン紹介して行くので、これを機に知って頂けると嬉しいです。
    どんどん気になった事はコメントして行って下さいね、応えられる範囲で応えて行きますのでー。

  5. ウツロ より:

    おじゃまします!
    おお!ちゃんとカタナ装備してる。
    わたしジャマだからと捨ててました。
    強いだなんて聞いてないし~
    このゲーム魔法が微妙なんですよね。
    呪文はカッコイイのにダメージがショボすぎる。
    最後はキノコばっか食ってました。
    いや~、懐かしい。
    当時持っていたのX-1ターボⅡだったかな。ソフトだけでも置いとけばと悔やんでます。

  6. ソンゴスキー より:

    >>5
    これももう随分昔のやつなんで記憶がなくなってきているんですが、多分事前にカタナがいい武器だと知っていたので持っていたんだと思います。
    魔法かー、確かに少なくともこのあたりではまともに魔法使ってなかったですね。兎に角肉弾戦の強さのほうが大事だと考えていたような気がしますねw

PVアクセスランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました